わけありでお金を借りる。お金を借りたい弟の借金の返済を肩代わり

お金を借りたい|弟の借金の返済を肩代わり

いつの間にか借金が400万円になっていた父の弟

 

わたしの父の兄弟は、借金をする人が多かったのでした。そして、そのことをはっきりと知ったのは、父の死後、父の日記を読むことによって真実が
わかったことが多かったのでした。その日記内容をみていると、なぜそんなに借金をしてしまったのか、わたしがみても不思議に思うことが多いのでした。
そして、借金というものは、身内にも迷惑がかかることがよくわかったのでした。
 たとえば、父の弟の一人は、よく父にお金を借りに来ていました。しかし、実際に、どのくらいのお金が不足しているのかはわかりませんでした。
でも、父の日記によると、サラ金からの借入金額は、いつの間にか400万円に膨れ上がっていたようでした。そして、これでは、父に少しずつお金を借りに来ても、
とうてい返済できませんでした。そして、父の弟は、わたしには考えられないような方法で、サラ金からの借金を返したようでした。
 父の弟は、一応会社に勤めていたんですが、会社の社長と相談し、社長の定期預金を担保として銀行から借金をして、そのお金をサラ金の業者に返済したようでした。
それでも、銀行からはお金を借りているので、それをひと月に10万円づつ返済していたようでした。これで、一応は、サラ金と縁を切れたといってよかったようでした。
でも、そのサラ金の業者には、自分の実家であるということからか、わたしの家にも電話がかかってくるようなこともあったのでした。サラ金の業者としては、
手っ取り早く支払ってくれれば、それでいいというのが本心だったと思われます。これで、サラ金と縁を切れたことは、よい選択だったといえます。
 わたしの夫が言うには、父の弟がサラ金で借りた金額は400万円もなかっただろうということです。サラ金というものは、利率が高いので、返済が滞っていると、
すぐに利息だけですごい金額になってしまうそうです。たぶん、父の弟も、利息が膨らんだ結果、400万円という金額になってしまったのだと思われます。
 その3年後くらいに、父の弟は、銀行から借り入れた金額をすべて返済したそうです。勤め先の社長の定期預金を担保にするなんて、ちょっと想像がつかないことです。
そして、その社長にそのようにお願いするときには、父も同行したそうです。従業員のそんなことまで面倒をみるなんて、普通の人出はなかなかしないと考えられます。
そのため、わたしの父も、いっしょになって頭を下げたのだと思います。

 

 

戻る

 

ホーム RSS購読 サイトマップ