欲が出すぎて利殖に失敗して美味い投資話に騙されて借金が出来た理由です

美味い投資話に騙されて借金が出来た理由です

一度騙され借金を作ってから人生を転げ落ちています

 

リスク皆無で何もしなくても250万円が得られるよ、そんな甘い言葉に私は乗ってしまい、逆に300万円の借金を被ってしまったのです。
250万円が得られるよと投資を持ちかけたのは、インターネットで知り合い出会った異性。
投資で作った借金は自己破産の対象外であり、相談をしても殆どの人は楽をして儲けようとするからだと、嘲笑を投げかけました。
インターネットで知り合った相手ですから、疑ってかかるべきでしたが見目好い異性であり、お金が欲しいのもあり、私はついつい話に乗ってしまったのです。
当時、まだ借金は無かったものの学費に喘ぐ苦学生であり、お金があれば楽ができるのにとお金を渇望し、正常な判断ができなくなっていたのも騙された要因です。
騙され、損を被った後異性に連絡を取るも、次第に音信不通となりました。
両親に相談をし、弁護士を雇う話が出ましたが弁護士曰く、自己責任であり勝てる見込みは無いとされてしまい、泣き寝入りとなりました。
実家は、私の学費のせいで既にお金はありません。
当然私の貯金など皆無であり、借金返済のために勉学よりもアルバイトを優先して稼ぐようになり、成績不良のプレッシャーがのしかかりました。
家賃4万円、食費光熱費3万円で暮らし、なるべく切り詰めましたが他の学生のように遊べない、お洒落ができない、食べたい物が食べられない、
返済をしなければならないというプレッシャーは重いものでした。
実家も貧困ながらも返済を手伝ってくれましたが、完済には及びません。
アルバイトは時給千円、この賃金で300万円を返済しようとなると、めまいがしてしまいます。
それでも地道に返済するしかなくアルバイトを続けていましたが、ついに負担が形として現れました。
借金完済に奮闘するあまり、留年したのです。
一年分の学費を余計に支払わなければならなくなり、両親は学費のために借金を作りました。

学費は一年100万円です。
騙されて失った300万円のせいで、更に100万円を無駄にしたのです。
複数の金融機関からお金を借りお金を回すようになり、親は銀行から借り、私は消費者金融から借り、現代日本において稀に見る貧困生活となりました。
家電が壊れることが痛手であり、電子レンジが壊れれば冷たいままの冷や飯を食べ、風呂が壊れればトイレは外で、手は洗えず炊事もできず、
皮脂がべたついた身体のままで過ごしました。
社会人であれば、自己管理ができていない、他人に不快感を与えるとし首になっていたかもしれませんが、学生の身分であるためにせいぜい臭いから、
他人を遠ざけたくらいで済みました。
借金は悪循環を生み、金欠が金欠を呼び、交際費を節約したりした結果友人もいなくなり、新しく友人を作りたくとも交際費がありませんし、自分のみすぼらしい格好が人を遠ざけてしまいます。
過労から、授業もついて行きづらくなり、教授からの印象もダウンし友人がいないために過去問も入手できず成績不良が悪化します。
長期間返済ですと、金利が元金の倍近くになってしまいます。
400万円を借り、最長期間で返済すると金利を含め800万円近くの借金となるのです。両親も若くなく、ほぼ年金暮らし状態であり不健康から通院費も必要に。
目先のお金を求めるようになり、限度額に空きが出れば、すかさず借りて食事や親の通院費用にあてています。
その日暮らし以下の生活であり、飢え、不安に悩まされていました。
自暴自棄となり、ストレスから無駄遣いをしたり、外食をしたり、タバコを吸い、もしかしたら一攫千金が狙えるかもしれないとギャンブルにも手を出し、有り金ね全てをすってしまったりと、ふんだり蹴ったりです。私のような不幸な人がこれ以上出ないように、お金儲けやうまい話や借金には本当に気を付けてほしいものです。

 

戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ