返済日のたびにお金がなくてお困りです。借金があまりにも多くて苦しいので一つにまとめました。

借金があまりにも多くて苦しいので一つにまとめました。

借金を持ち毎日その日暮らしの生活をしてました。

私は、本当に気楽に借金をしてしまいましたがその後に消費者金融を常用してしまうようになり、常に金欠状態の生活となりました。
ただ単に、20代前半という若い年齢もあり貯金をしておらず、収入が入ってくるのを待てずに他人と飲み食いをしたり、カラオケで遊ぶために3万円を借りたのですが、
ここで借金は気軽にできると味をしめ借金を常用してしまうようになったのです。借入先は、誰もが知っているキャッシング。明るい宣伝内容に好感を持っており、まさか悲惨な借金生活が始まるとは思いもしませんでした。元々無計画でありもしもの時のためにお金を蓄えておかず、お金は手段として様々な行為に浪費をしていました。
そんな人間が勝手に借金をしたのですから、無闇にお金を使い、返済を長引かせられるだけ長引かせ、最終的には毎月の借金返済に困ってしまうはめとなったのです。返済のために外食をやめ、贅沢品を食べなくなり、交通費節約のために外に出なくなり、働いて眠りじっとしているだけの生活となりましたがそれだけならばまだマシでした。
働きに行くための洋服が買えなかったり、飢えを満たすために少しの食料も買えないのはとても困りました。
借金生活が長引き、服飾品を新調しないために使えるバッグが無くなり人から貰った紙袋を持って働きに出かけ、同僚からは奇異な物を見るかのような目をされ、
ばい菌かのように近づかれなくなりました。

 

初めて消費者金融からお金を借りた時は、20代前半でありまだ悲観する年齢でもありませんでしたが借金生活を続け、気づけば30歳を超えており借金があるのでは生涯結婚ができず、恋人もできず、それどころかまともな人間から避けられてしまい、借金に押しつぶされて終わるのかという不安を抱いていました。

 

何件か検索してるうちにこのホームページにたどりついたのです。そして駄目もとで申し込みした所きちんと返済するのならOKという答えが帰ってきました。
まだまだ借金はあるのですが支払いが月に一回になったので以前と比較した場合非常に楽になりました。残金はもう少しなので頑張って返済していきます。

 

戻る

 

ホーム RSS購読 サイトマップ