借金の返済金の調達にお金を借りれる所。社員に会社潰された元彼の借金肩代わりで酷い取立てされました

社員に会社潰された元彼の借金肩代わりで酷い取立てされました

社員の裏切りと続々届く内容証明で借金返済地獄に

 

 

以前お付き合いをしていた、小さな会社を経営していた彼がいました。小さいけれど、大学の先輩や後輩も一緒に仕事をしようと訪れる、
笑顔が絶えないエネルギー溢れる雰囲気の会社でした。会社を立ち上げて2年程経った時だったでしょうか、突然の先輩の裏切りが。
備品のパソコンやギャラの持ち逃げ、それと同時に社員の過剰な経費使いと、取引先がこちらに支払いを済ませる前に夜逃げ。一気に3000万程のお金が足りなくなり、
色々な所に支払いを待っていただけませんかと連絡をし、なんとか資金を集めなければと仕事をし、早く入金してもらえる様お願いしたりと、彼はとにかくとにかく
出来る事を必死でやっていました。もちろん自分のお給料はありません。社員にも、少し待って欲しいと言わざるを得なくなりました。それから2ヶ月経ったある日、
社員全員が「今日からお給料を支払わない限り出社しません。」と言い出し、出社しなくなりました。調べてみると、会社の携帯も個人使用ばかり、
経費も色々と個人の物が多く出てきました。よく、出社しないなんて言えるわね!と私は怒りが収まりませんでしたが、彼は、自分が細かくチェックしなかったから
いけなかったんだと言い、社員を攻める事もしませんでした。先輩の裏切りから始まり、慕ってくれていた写真に、実はいいように使われていたと気づき、
もう精神的に戦う力が残っていなかったのだと思います。社員がいなくなって、1人で仕事をするという事は、外注しなければならない事も増えるので、
その分入ってくるお金も少なくなります。もう、何がなんだか分からないような毎日をひたすら仕事と、資金調達と、謝りの電話で過ごしていました。すると、
今度は社員達から次々と封書が届きます。中身は、内容証明です。いつまでに今までの未払い分のお給料を支払わなければ訴えますというもの。一緒になんとかするのではなく、背を向けたうえに、踏みつけてくるその態度に、彼の心は完全に折れてしまいました。実家に引きこもり、誰とも話をしなくなりました。今まで「お父さん、お母さん」と言って、

 

実家にも泊まりに来ていたような元社員達は、実家にまで電話をして来て、自分の息子の事なんだから親が支払えと毎日毎日、追い込んで行きました。お母さんは自分の保険を解約し
、車を売り、少しの支払いは出来ましたが、それでも足りません。どんな事があっても、お金の貸し借りだけは彼とも友人ともしないと思っていた私ですが、もう精神的に支えるだけ
では無理だと、動き始める事にしました。とはいえ、私に彼の借金を肩代わりするような貯金はありません。まずは、実家に引きこもってしまい、仕事先とも連絡が取れなくなった
事で信用を失った彼と一緒に恥を知りながらも、仕事を再開すべく今までの取引先に連絡に行きました。私が責任を持って、ご返済しますので、なんとかまたお願いしますと。
一軒一軒、頭を下げては、罵倒され、うちの会社の犬になるならいいと、言われたりする事もありました。

 

そして、まずは未払いの物を支払わなければならないので、私の車も売り、
最後にはお金を借りる事になりました。まずは、私の家族へ借金のお願いに行きました。結婚している訳でもない、赤の他人になぜ、何百万も貸さなければならないのか、
もちろん色々と言われましたが、ただ歯を食いしばって頭を下げるしかありません。なんとか数百万をかしてもらいました。あと少し、と思っているとある時自宅のインター
ホンが異常なくらいにならされ、見てみるとにスーツの男性が。出てみると金融会社から来た、督促の人でした。彼は既に、他で借金をしていたのです。返す宛も無いので、
もちろん利子も膨らんでいました。すぐに返せないので、月にいくら、と私の収入から支払える金額を提示し、何回払いでなど返済までの期間を計算し、
そういう形で返させてくれませんかとお願いすると、支払ってくれれば良いですと言われ、なんとかなりましたが、それからは毎日、
ドアを叩かれるのではないかと不安でいっぱいでした。私の住所は知らないはずなのに、どこからか調べて借りた人間がどこにいるのか調べ上げるのですね。
余りに高い利息にもう支払いが出来ないから自己破産しかないと思ってた時にこのホームページに掲載してるおまとめローンを申し込み借り換えしました。
金額は増えたけど毎月の返済額が少ないので本当に助かりますね。

 

今はもう支払いを終えましたが、未だに少しインターホンが鳴るとドキッとしてしまいます。

 

戻る

 

ホーム RSS購読 サイトマップ