私がキャッシングやパート勤めをしなくてはいけない理由は結婚後に発覚した借金返済です

結婚後に発覚した借金の返済する理由

結婚後出産した途端旦那に借金を告白されました

社会人時代までは、お金に不自由しない生活を送ってきました。
ところが結婚をし、夫の道連れで借金を背負い込みました。
独身時代は稼いだ分だけが自分の生活費となるので、普通の生活を送りながらも趣味に服飾にと、楽しくお金を使えていました。
結婚適齢期ということで、結婚を焦ったのが裏目に出たのかもしれません。
結婚をし、子供を産んだ直後に夫が借金の存在を告白してきたのです。
夫は一見真面目であり、そこそこの収入があるのですが、なんと昔から趣味としてギャンブルを嗜んでおり、ずっと借金を抱えていたそうなのです。
仕事をしているので返済を続けることができ、取り立ての電話が来ることもなく、今まで誰にもばれていなかったのです。
子供を産んだ直後に借金を打ち明けたのは、簡単に離婚されないように、それでいて結婚を続け借金返済を手伝って欲しいのだと察しました。
夫は悪い人間ではなく、ただギャンブル癖があるというだけですし、父親がいないのであれば子供が可哀想なので離婚はせずに私も借金返済を手伝うようになりました。
借金総額は180万円であり、四社からも借り入れしていると聞かされた時は卒倒しそうになりましたが、それまで専業主婦だった私もパートに出て稼ぎ、節約にも励むように。
パートに出たことにより、私も消費者金融から少額を借り入れできるようになったのですが、子供の食費すらも買えない時、ついにアコムから借り入れてしまいました。
消費者金融は収入があれば主婦でも借り入れ可能であり、お金に困ってしまった時にインターネットから契約をしました。
私が働くようになった事で、旦那がお金をあまり家に入れなくなり、子供の養育費の捻出に困り、いけないと思いながらも契約をしたのです。
携帯電話から申し込みし、銀行振込でお金を受け取りましたが、希望をした5万円が振り込まれているのを確認した時は、胸をなでおろしました。
金利がついてしまうのでなるべく早めに返済をしようと、食費や水道費を切り詰められるだけ切り詰め、すぐに完済したのですが、カードを持っているために生活費に困った時は、またすぐお金を借りてしまいました。
旦那のギャンブル癖が治ったかと思っていたのですが、旦那はというと実はずっとギャンブルをしながら借金をしており、私が返済用にと、渡していたお金もギャンブルに溶かしていたようでした。

子供が小学校に入ると学校に通うためにもろもろの費用が必要となり、そこでまた10万円ほど借り入れることに。
給食費の滞納が問題になっていますが、子供がいじめられないようにと、滞納をしないよう気をつけましたし、清潔感や、衣服にも気を使ってやり、自分自身はというとボロ着しか持っていないために参観日には参加できませんでした。
既にパートを二つ掛け持ちし、朝も夜も働き通しであり、一時期は病気を患ってしまい仕事ができなくなり、パート先を失い、通院費用が必要となり大損となってしまいました。
返済ができなくなっては困ると、パートを辞める前にノーローンからも20万円を借り失職中の生活費や通院費に充てました。
ノーローンとアコムから借り入れている金額は100万円弱であり、お金に余裕のある人ならば頑張ればすぐに返せる金額ですが、私はというと小さい子供がおり、
旦那の生活費も出しており、パート仕事でしたがそれも失ったために到底返済できない金額に思えたものです。
債務整理をしても、弁護士を雇う費用が赤字になってしまう金額であり、自力でコツコツと返済するしかないと奮闘していました。
旦那の生活費を節約すれば借金からは抜け出せると計算し、やっと旦那と別居をし、なんとか生活ができるレベルには立て直せました。
借金はまだ毎月3万円を返済しており、債務者からは脱却できていませんが子供を飢えさせる心配は今のところありません。
子供がいるからこそ、借金があっても頑張れたのかもしれません。
生涯働くこととなりますし、自分の好きな物は買えない余生となりそうですが子供の笑顔があれば苦ではありません。

 

戻る

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ