お金がなくて借金を滞納した理由はバブル時代にカードローンで多額の支払いがありました。

バブル時代にカードローンで多額の支払いがありました。

バブル期にあちこち作ったカードの中で借金をしまくりました。

バブル期にあちこち作ったカードの中で、ダイエー系のカードで、そういう風にして宣伝もしていたため、その時はあまり深く考えずに一枚カードを作ってしまったのですが、
後でダイエーとはほとんど関係ない消費者金融系カードだということがわかりました。

 

それは、限度額も200万とかで他のカードに比べたら破格だったし、利息も法定利息より上でしたし、その頃はとにかくみんなが大金持ちで浮かれていた頃だったので、
使いさえしなければそんなに持ってて困ることはなかったし、ほかのを使っていたから、当時は困りませんでした。
でも、だんだんバブルが終わり出した頃から、生活に変化が起き始めて、私も結構な給料取りだったから、3万くらい借りても、5万以上はすぐに返して、またいくらか借りては返し、
借りては返し、ということをどういうわけか何回も繰り返していました。

 

宿命なのか、理屈に合わないようなことがよく起こり、私が交通事故に遭ってしまって動けなくなったときなんかは、そのカードから10万円など、連続して借りたりして、
それでもまだすぐにそういうのが返せたりしていたので、その時には都合が悪くなると、すぐに借りてしまうということを良くやっていたし、いけないことだとも思っていませんでした。
仕方ないから借りてるんだし、きちんと返せているんだし…と思って、そんなに罪悪感にさいなまれることもなかったんです。

 

だけど、そういうことをしていくうちに、だんだん借金はいつの間にか積みあがっていきました。そして、気がついたら100万くらいの金額になってしまっていて、
返せそうでも6万毎月出しても、なかなか、元金だけしか返せない、だから、利息は100万に対してついてきて、返済してもしても借金の金額が減らないという悪循環に陥ってしまったんです。

 

その時に、私もバカじゃないので、法定利息分より多く取られ続けていたりいて、もうとっくの昔にそんなお金、返し終わっているのに、まだまだ、まだまだ、と取られ続けることに
腹が立ち、弁護士を通じて、法的措置をとらせてもらったんです。
まず、支払いすぎることに対して、証拠がいるので、今まで自分が支払った履歴の通知を送ってもらい、それを元に正しく計算してもらって、金額をはじき出してもらいました。
すると、私宛に一枚のはがきが速達で来ました。
そこには、0円にするということでの了承を求める内容が書かれており、それが消費者金融から届きました。

 

私は過払い金があるんじゃないかと思ったんですけど、今までさんざん、都合が悪くなるたび、お金を借りたりして自分も悪かったんだし、もうこれ以上、事を荒立てるまいと思い、催促するのを辞め、その相手からの「0円」というものに対して了承の正式な書類を渡しました。
もちろん、自分の控えもありますし、これを何十年かは捨てずに、保管しておきました。

 

けどあれから数年たちましたが時代が不景気になりおまけに総量規制というのが出来てお金も貸して貰えなくなった人が多いですね。私もどうしてもお金が足りずに困ってる時は中堅の消費者金融を今でも利用させて頂いてます。もちろん以前のように考えなく借りるのではなくて小額です。実は金融事故を数年前に起こしてるので大手では無理なのです(泣)

 

戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ